カテゴリー
講演会・シンポジウム

第18回講演会を開催

   安田菜津紀さん(フォトジャーナリスト)が講演

損保9条の会は、10月23日、東京都北区「北とぴあ」にて、第18回講演会を開催しました。フォトジャーナリストでNPO法人・D4P(ダイアローグ・フォー・ピープル)副代表の安田菜津紀さんをお招きし「被災地・紛争地の声から考える平和のあり方」と題して講演いただきました。安田さんは、細かな取材により映した写真をもとに、今なお続く内戦により多数の死傷者と難民がもたらされている中東シリアの現状、名古屋出入国在留管理局収容中に死亡したスリランカ人ウィシュマ・サンダマリさんに対する非人道的な取扱い、東日本大震災被災者避難生活者の実態を告発し、「平和のあり方は、戦争・紛争や災害そのものだけでなく、その後も長期に渡って続く人々のいのちと生活の問題までを含めて考える必要がある」と問いかけました。

     村上護さん(旧大成火災)が損保人トーク

今回の講演会では、損保人トークとして、旧大成火災・現損保ジャパンOBで広島県呉市出身の村上護さんに「核兵器禁止条約署名に取組む私の思い」と題してスピーチをしていただきました。広島への原爆投下による親族や知人を多く失ったこと、重度生涯を持つ娘さんを支えながら保育園づくりや保育運動に取り組んできたことにふれ「命の重み、大切さ」を訴えられました。核兵器禁止条約署名は、村上さんのそうした思いを綴った手紙を受け取った友人・知人ら120名から457筆が寄せられたと話す村上さん、「命ある限り、核廃絶、平和を求め続けたい」と結ばれました。講演会には、会場に62名が参加、ユーチューブ配信により多くの方が視聴されました。

     講演会内容をユーチューブで視聴できます

https://youtu.be/2Go-_QYl70s